試算

少額不動産投資 投資初心者

【少額不動産投資の始め方】お小遣いやへそくりで簡単に始める|サルでも分かる簡単お手軽運用法

 

サラリーマン投資初心者である貴方が「不動産投資」というワードを聞くと多額の資金が必要だと思われるのではないでしょうか。

実際、お手軽に資金1万円から少額不動産投資をはじめ、利益を出すことは可能です。

この記事では、少額不動産投資の種類と大まかなメリットとデメリットを解説します。

自己資金が心許なくて不動産投資に手を伸ばせなかったサラリーマン投資初心者の貴方も、無理せずともトライ出来る小さな、しかし確実な1歩を踏み出すイメージで読み込んでみてください。

もっと詳しく

少額不動産投資とは?

不動産投資の一般的な投資額は1,000万円以上です。

対して、1,000万円以下で投資を行うことを小額不動産投資と呼びます。

しかし、方法を選べばサラリーマンのお小遣いや小さな副業感覚で投資可能なお手軽な不動産投資はたくさん存在しております。

共同投資や不動産投資信託などの手法を使えば、1万円程度の少額資金からでも投資可能なプランはあります

また、金融機関から融資を受けることができれば、初期費用が数百万円であっても物件を購入することができます。

不動産投資を少額の資金で行うメリット

不動産投資を少額の資金で行うメリットはたくさんあります。

この機会に比較的簡単でお手軽にできる少額投資をしてみませんか?

 

 

 

 

サラリーマンであれば、節税効果が期待できる

サラリーマンであれば優れた節税効果が期待できます。

一般的に、企業に属するサラリーマンは確定申告が不要です。

ただし、購入した不動産は給与以外の所得となりますので、確定申告が必要です。

 

確定申告はメリットもあり

収入を申告するだけでなく、サラリーマンとしても必要経費を確定申告書に記載することもできます。

少額でもお手軽な不動産投資を行えば、固定資産税や減価償却費の分だけ課税所得を減らすことができます。

また、物件を購入する際に発生する交通費も経費として計上することができます。

 

損益計算書による節税効果

収入と支出は、損失を含むいくつかの収入項目を、一定のルールに従って加算することで決定されます。

不動産所得に関しては、損益通算対象となるので、たとえ損失が出た場合であったとしても、勤労所得に加算出来る為、課税所得を減額することが可能となります。

例え少額だとしても、利益化は可能!

投資する物件と金融機関を適切に選べば、少額の資金でも利益を出すことは可能です。

儲かったら徐々に投資額を増やしていけば、大きなリターンを得ることができるでしょう。

市場価格を下回る少額の投資ができれば、高いリターンが期待できます。

投資の基本として、市場価格よりも安く買って、高く売ることができれば、大きな利益を得ることができます。

同じ原理に従えば、少額の投資でも高いリターンが期待できます。

 

 

 

 

サイドビジネスとしての活用

不動産投資は、一度やってしまえば比較的簡単な投資方法です。

そのため、忙しいサラリーマンでも無理なくサイドビジネスとして成り立たせることができます。

特に小額の投資であれば、お手軽に1万円から始めることができるので、投資初心者のサラリーマンにもリスクヘッジの観点から比較的簡単にお手軽なサイドビジネスにしやすいと思います。

 

少額での不動産投資のデメリット

不動産投資にはデメリットもあります。

メリットだけでなく、デメリットについても見てみましょう。

投資可能な案件数は限定

一般的には、不動産投資を行う際には数千万円以上の投資額が必要となる為、投資金額が少額となってしまう場合は、物件対象件数が限定的となってしまいます。

然的に古い物件の可能性が高くなりがちになり、条件内で購入できる物件は限られてしまう為、妥当なリターンが想定出来る物件を選択することが重要です。

中古物件も多数あります。

もちろん、新しい物件の価格は高い。

ですから、少額の資金で不動産投資をするのであれば、中古物件の購入に力を入れるべきでしょう。

他の条件が同じであれば、中古物件の価値は新築物件よりも低くなりますから、入居者探しに不利になるのは仕方がありません。

 

 

 

 

高額な手数料による収益性の低下

後述するJ-REITなどには手数料がかかってします。

そのため、手数料の額によって利益が減ることも織り込みます。

手数料と比べて利益が低いと逆ザヤで赤字になってしまうので、手数料を見越して利益が出る物件を選ぶ必要があります。

 

少額の資金で不動産投資をするには?

少額の資金で不動産投資をする方法はたくさんあります。

ここで紹介した4つの方法を理解して、自分に合った方法を試してみてください。

 

クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、ビジネスなどのプロジェクトをインターネット上で紹介し、不特定多数の人に出資を依頼するものです。

不動産投資では、投資プロジェクトにもクラウドファンディングが活用されています。

 

 

 

 

クラウドファンディングには、「寄付型」「投資型」「購入型」「融資型」の4つのタイプがあります。

この中で、寄付型や投資型については、不動産投資とは言わず、新しいものへの投資を募るためのものです。

 

不動産投資クラウドファンディングは、主に購入型

多数の投資家が購入したい物件に投資し、投資額が購入価格に達すると、その物件を購入することができる。

物件の営業利益は、投資額に応じて分配されます。必要なのは投資額の一部だけなので、すべてのリスクを負う必要はありません。

 

ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは、企業が提案する事業に投資し、その事業から生まれる利益を投資額に応じて分配する手法です。

不動産プロジェクトに投資するファンドもあるので、不動産投資としてカウントされることもあります。

 

具体的な投資方法は、事業提案に基づいて投資対象を選択するだけです。

また、借入期間を設定し、その期間が終了した時点で投資額を返却します。

高いリターンが期待できるプロジェクトもありますが、プロジェクトが失敗した場合には投資額が返ってこないというリスクもあります。

 

J-REIT(不動産投資信託)について

REITとは、不動産投資信託のことで、日本版としてJ-REITと呼ばれています。

このJ -REITは、運用会社が投資家を募り集まった資金を不動産に投資し、その利益を投資家に還元するものです。

投資対象となる物件は、アパートやマンションのほか、ホテルなど多岐にわたります。

ただし、購入型クラウドファンディングと違い、投資家は投資先を選ぶことができません

また、投資家は物件そのものを所有しているのではなく、REITという証券を所有しています。

REITの利点は、流動性が高く、上場しているので、株式のように売買できることです。

また、ファンドは複数の物件を保有しているため、投資するだけで間接的に分散投資が可能です。

よって、リスクヘッジを自動で行えるというメリットがあります。

REITのデメリットは、ファンドが破綻したり、上場廃止になったりするリスクがあることです。

場合によっては価値が下がり、投資した金額が返ってこない可能性もあります。

また、一般の不動産投資に比べてREITの価格は変動しやすいので、投資開始後もパフォーマンスを注視する必要があります。

 

 

 

 

不動産小口化商品

不動産会社が少量の物件を販売する商品です。

不動産会社は、不動産のキャピタルゲインを、一定の株数を購入した投資家に分配します。

 

REITとは異なり、不動産会社は株式数に応じて実際に不動産を所有しています。

そのため、投資家が実際の不動産を所有する不動産投資と似ています。

 

不動産は現金よりも相続税評価額が低いため、相続税の節税効果が期待できます。

また、分割した財産の権利を売却することも可能です。

しかし、小さくても物件が高いというデメリットがあります。

また、提供されるプロジェクトの数が少ないこともデメリットです。

結論

 

不動産投資を少額で行えば、実戦経験を比較的簡単でお手軽に積めることが可能です。

損失はそれほど大きくはなりませんが、当然利益も小さいものかもしれません。

しかし、少額でも損失は避けたいです。

投資をするときには、できるだけ損をしないように意識を持ちましょう。

「たら・れば」は投資には少額であっても通用しません。

サラリーマン投資初心者である貴方がいきなり高額投資はちょっとと思われる場合は、実践的練習としてやってみる価値はあります。

投資実績を積めるこのS T E Pで初心者の殻を破る絶好のチャンスです!

 

不動産投資は少額の資金でも利益を生み出すことができ、節税効果も期待できます。

不動産投資ではお手軽で比較的簡単な少額投資を検討してみてはどうでしょう。

-少額不動産投資, 投資初心者

© 2021 サラリーマン投資初心者の羅針盤R Powered by AFFINGER5